サービス残業・みなし残業の問題性

サービス残業について

 科学技術やIT技術が発達することによって、人間がやらなければいけないことが逆に増えているというのが真実です。便利さと快適さを手に入れるために、人間がどんどん忙しくなっているというのは何とも皮肉な本末転倒が起こっています。

 

 当然規定の就業時間ではこなせない量の仕事に追われることになるわけですが、悪いことに、日本は不況の真っただ中にあるということで、会社としても社員に対して四角四面の残業代を支払うことがそのまま死活問題になるため、どうしても「サービス残業」という発想に転じることになってしまうのです。
 確かに「サービス残業」と言われると、どこか真面目な日本のサラリーマンを象徴しているようにも聞こえますが、しかし実際のところ、サービス残業とは言いかえれば「タダ働き」ということになるわけであって、本来そこに真面目さや勤勉さを見出すべき事象ではありません。
 早い話が、サービス残業というのは、「やってはいけないこと」であり、しかもそれは法律で定められていることなのですから、どれだけ厳しい状況であっても、法にそむいてまで会社を存続させるべきでは本来ないと言わなければなりません。

 

 ただ、そう簡単にサービス残業をやめますとは会社側も言えないでしょうし、サービス残業を強要されている(もちろん表面上は「買って出ている」のでしょうが)従業員からしても、そう簡単にサービス残業をしませんというわけにはいかないのも事実です。
 さて、この問題にこれからどう立ち向かっていくのか、その動向に注目されます。

サービス残業をなくす

 企業が不況に陥ると、どうしても「リストラ」への道を歩むことになる傾向にありますが、結果的にこれが一番手っ取り早く、だれかが犠牲になれば、犠牲にならなかった人が救われるという考え方も、会社としてはあっても驚くことはできません。

 

 しかし最も問題になってしまうのが、「犠牲にならなかった人も結局あとで犠牲になる」ということです。犠牲者の末路を思うと、もしかしたら会社に残るよりも、むしろリストラされたほうがよかったのかもしれない・・・そんな悲惨な末路を歩まなければならない人も多いです。
 会社に残りながら犠牲になってしまうというのは、いわゆる「サービス残業」をしなければならないということです。人件費をカットするためのリストラなのですから、リストラされなかった従業員がサービス残業をしなければならないのも、会社の理屈からすれば当然なのかもしれません。
 しかしその結果、過度のストレスによって健康を害したり、うつに陥ってしまったり、最悪の場合自殺に追い込まれてしまっているのです。そういうことを考えるのなら、サービス残業ありきの考え方は根絶するべきではないでしょうか。

 

 そして、そのためには、これまで甘んじて受け入れていたサービス残業の状況をなんとか打破する方向へと進んでいかなければなりません。そのためには、自分一人で会社と戦うということは考えず、第三者に相談することも重要なのではないかという気がします。
 そして、どんなことがあっても悲惨な結末を迎えないようにしたいものです