派遣の残業

派遣の残業

 近年何かと話題になる「派遣」、少し前には、いわゆる「派遣切り」などに代表されたように、どことなく悲しげなイメージも少なからず付きまとうことになる職業ですが、残業代に関しては、そんなイメージを払拭するべく、不正に対しては厳正に対処していただきたいという思いが強いです。
 正社員のサービス残業は、労働基準法など「法」のもとに禁止されているわけですが、なぜか不思議なことに、正社員ではないパート・アルバイト、さらには派遣の人々のサービス残業は是とする会社も少なくないと聞きます。

 

 当人たちからすれば、「バカ言ってんじゃないよ!」というところではないかと思うのですが、派遣の方に労働基準法が適用されないということなどまったくあり得ず、正社員の方同様、割増分も含め、しっかりと残業代が発生することを強調したいものです。
 派遣という立場が「弱い立場」であるかどうかは何とも言えないところですが、しかし、残業をしたにもかかわらず残業代をもらうことができないというのはまったく別問題です。あまりにも「派遣という立場」を過剰に意識しすぎてしまうためか、もらえるはずの残業代をもらえないまま泣き寝入りしてしまう派遣の方は想像以上に多いというのも事実です。

 

会社側としては、相手(派遣の方々)が何も言わなければそのまま残業代を支払うことはないと思えますし、残業代を請求すれば、「それならば仕方がない」という考えを持っている会社だってけっこうあると思われます。
 残業代が出ない会社に派遣されている方は、一度会社側に交渉してみるとよいでしょう。