医師の残業

医師の残業

 ほとんど例外なくすべての人が、一度はお医者さんのお世話になったおとがあると思います。自分の体調が悪いときに何とかしてくれるのがお医者さんですから、当然私たちはお医者さんに対して多大なる信頼を置いているのが普通でしょう。人間性は別として、特定の職業に対してある種の尊敬の念を抱ける職業というのはそう多くありませんが、しかしお医者さんという職業は間違いなくそうした職業のひとつに数えられるのではないでしょうか。

 

 尊敬の念を抱いていること自体が特殊というべきだと思いますが、そうかと言ってお医者さんという職業が「特殊な職業」であるというわけでは決してありません。お医者さんだって、私たちと同じように働き、その報酬としてお金をもらいます。
 ただ、「残業」という観点では、私たちの職業に比べると、お医者さんは果たして残業代をもらうことがあるのだろうかと思ってしまいます。というか、そもそもお医者さんに「残業」という概念があるのかどうかも定かではありません。

 

 しかし実際のところ、お医者さんにだって「残業」という概念は間違いなくありますし、残業に相当するお仕事をすれば、私たちとまったく同じように残業代が支払われるのです。したがって、私たちの一般企業における残業未払いの問題はずいぶんといろいろなところで取り上げられるようになってきていますが、医師の残業未払いの問題に関しても、いずれもっと大々的に取り上げられるようになっていくのかもしれません。というか、それも時間の問題というべきでしょう。