サービス残業をなくすための努力

サービス残業をなくすための努力

 サービス残業が大きな社会問題のひとつとして叫ばれるようになって久しいですが、この社会問題を解決するための一番の早道は、「サービス残業をなくす」ということを実現することに他ならないでしょう。

 

 おそらくサービス残業を黙認している会社側からすれば、「サービス残業をするのは当然の義務」と考えているのでしょうし、一方、サービス残業をしている従業員からすれば、サービス残業なんて絶対にやりたくないと考えるのが普通のことだと思います。そもそも「サービス」の部分がなかったとしても、「残業」というだけで気がめいってしまいます。
 そこで、会社側に協力を求めるのはまず無理なことだと思いますが、少なくとも、サービス残業をさせられている人本人が、できるだけサービス残業をしないようにする努力をする必要もあるのだと思います。そして、自分がやるだけのことをやった上で、上司に相談するなどの対策を講じたほうが、後々の流れがスムーズに運ぶことになるのではないでしょうか。
 ただ、それでも話が進展しないのであれば、改めて「労働基準監督署」に告発するという手段を講じてもまったく問題ないはずです。何しろ非は会社側にあるわけですから、従業員はだれからも非難される筋合いはありません。

 

 もし万一告発したことによって会社における立場が微妙になったり、何らかの利害が及んでしまったりという危険性があるのであれば、匿名で告発することも可能です。
 ただ、そのときには会社の所在地やできるだけ詳しい情報をしっかりと担当者に伝え、担当者の名前もしっかりと記録しておきましょう。